文具スタイル

システム手帳の選び方

ショッピングこだわりの「ダ・ヴィンチ(ダヴィンチ)」専門店ですおかげさまで11周年!
フレッシャーズ応援セール

* いよいよ最終!レジにて全品さらに割引に!さらにお得が満載!お見逃しなく *

Davinciキャンペーン

* Davinciシステム手帳を買うなら今!簡単応募で本革ペンケースプレゼント中!お見逃しなく *

システム手帳ブランド リフィル ビジネス文具 アイディア文具2017年システム手帳&リフィル
【ゴールデンウィーク休業のご案内】
休業期間:5/3〜5/7
休業前発送の最終受付は、次表の通りです。ご注文はお早めにどうぞ。
商品区分 注文・決済完了日時 発送予定日
●通常商品 5/1午前11時 5/2
●名入れ指定商品 4/28午前11時 5/2
●ラッピング指定商品 4/28午前11時 5/2
システム手帳豆知識

自分にぴったりの一冊を見つけることが、システム手帳快適生活の始まりです。
初めてのシステム手帳選びをお手伝いします。

サイズ

システム手帳

まず、最初に考えたいのが、システム手帳のサイズ(大きさ)です。

サイズには、リフィルのサイズ(筆記面積)とリングのサイズ(収納力)の2種類あり、それぞれの組み合わせでより自分に使いやすいシステム手帳のサイズをみつけていきましょう。

同じリフィルサイズでも、リングサイズが変わると使用シーンも変わってきます。どんな場面でどんな風にシステム手帳を使いそうか、イメージしてみてください。

システム手帳のサイズ選びのポイントを、以下の表にまとめてみました。使用する目的(仕事 or プライベート)と、重視するポイント(携帯性 or 収納力)によって、使いやすいとされるサイズとリング径が絞られてきます。

システム手帳
例1.営業などの予定や顧客の管理をメインに、バッグに楽に入るサイズを希望。
収納力と携帯性のバランスのとれたバイブルサイズ/リング径15〜25mm、携帯性重視なら同じバイブルでより薄いものを。
例2.デスクワーク中心なので、会議などで何でも書ける大きめのサイズが良い。
デスクに広げて使えるA5サイズ/リング径20mm〜、または、大きいリングでノートを沢山収納できるバイブルサイズ/リング径25mm〜がおすすめ。
例3.家族の予定や子供の学校行事の管理、趣味のノートや買物リストに使いたい。
普段使いの小さなバッグにも楽々入るポケットサイズ/リング径〜15mm程度がおすすめ。
例4.いつでも書けるメモ帳として使いたい。
携帯性を重視なら、薄型のポケットサイズが上着やシャツのポケットにも入りお薦め。もっと小さなミニ5穴サイズもあります。
例5.いろいろな場面で使いたいので、無難に使い易いサイズはどれですか?
定番のバイブルサイズなら様々な使い方に対応できます。リング径は10〜20mm程度の物が種類も多く選びやすいでしょう。

仕事とプライベートなどで手帳の使い分けを検討している方もいると思いますが、システム手帳に慣れている方や、明確な使用イメージがある場合以外は、1冊にまとめる方が良いでしょう。

自分に合った大きさが見つかったら、後は素材やデザインなど、あなたのお好みで選んでみましょう。

素材

システム手帳の素材は、使用感や耐久性、価格に大きく影響してきます。自分が重視したいポイントを明確にし、バランスの取れた素材を選んでみましょう。

本革

多くのシステム手帳には、耐久性とファッションアイテムとしてのこだわりの両方を満たす素材として本革が使用されています。牛革が最も一般的に使われていますが、馬革や爬虫類などの高価な革を使ったシステム手帳もあります。

本革の場合、革の種類、質により値段が大きく変わります。使っている間に品質の差が出ることもあります。革にこだわるのも後から後悔しないポイントです。
システム手帳の素材について

  • 耐久性:大事に使えば「一生もの」にも
  • 使用による変化:使う程に味わいが増し、愛着も湧きます。
  • お手入れ:天然素材なので日々のケアが大切です。
  • 値段:革の質により大きく変わります。
合皮

リーズナブルでお手入れいらず、気兼ねなく使えるなど、メリットも多い素材です。本革の風合いを再現した上質な合皮や、デザインやカラーにこだわった楽しいデザインが多いのも特長です。一般的に本革に比べ耐久性に劣ります。

  • 値段:A5などの大きなサイズもリーズナブルです。
  • 様々なデザイン:個性的でかわいらしいデザインも多いです。
  • 耐久性:定期的に買い替えましょう。

タイプ・デザイン

一口にシステム手帳と言っても、様々なタイプやデザインがあります。使い勝手に直結する部分も多いので、利用シーンを思い浮かべながら、ピッタリのデザインを選んでみましょう。

タイプ

ベルトあり

もっとも定番となっています。手帳が鞄の中で不用意に開いてしまうのを防ぎます。ベルトの種類は、差込式やホック、マジックテープのもの、太さや長さも様々です。

 
タイプ

ベルトなし

薄型のシステム手帳では、ベルトやホックの無いタイプも数多く販売されています。上着やバッグのポケットなど狭い隙間にもサッと差込め携帯しやすく人気です。

 
タイプ

ラウンドファスナー

周囲をファスナーで閉じるタイプです。本体サイズはベルトあり等に比べ一回り大きく、内側にポケットも多く収納力のあるタイプです。ペンやカード、メモを紛失から守ります。

性能・機能

リフィル

数あるリフィルの中から、自分のスタイルに合わせてリフィルを選ぶのは楽しい作業です。また、システム手帳にあらかじめリフィルがセットされている商品もあります。すぐに使い始められ便利ですが、リフィルを選べない不安もあります。セットされたリフィルを確認し、必要なら入れ替えて使いましょう。

主なリフィルの種類

  • スケジュールリフィル
    マンスリーやウィークリーの他に、収納力に余裕があれば長期に見渡せるイヤープランもお薦め。
  • todoリフィル
    作業の進捗管理や備忘録に便利なオフィスの定番リフィル。
  • ノートリフィル
    メモとしてどんどん使うリフィル。ストックも忘れずに。
  • アドレスリフィル
    携帯などの予備として、最低限の情報は持っていると安心。
  • アクセサリー
    インデックスやカードホルダー、定規などでより使いやすく。
革にこだわる
今、人気のシステム手帳は?
2017年3月のランキング

2017年システム手帳&リフィル数量限定販売中!
2016年人気システム手帳ランキング発表!

 

毎月注文数の多かった人気のシステム手帳をランキング形式で発表します。

 
システム手帳ランキング